給与所得しかないのですが自宅に太陽光発電設備を設置し余剰電力を電力会社に売却している場合、余剰電力の売却収入に係る所得区分はどのように取り扱われますか。

余剰電力の売却収入については、電力の売却を事業として行っている場合や、他に事業所得があり付随業務として行っているのであれば事業所得に該当すると考えられますが、
給与所得者が太陽光発電設備を家事用資産として使用し、家事用に消費された電気を上回る量の発電し余剰電力を売却しているような場合には、雑所得に該当します。
詳しくはコチラをご確認下さい。