歯科インプラント治療の治療費の支払いに歯科ローンを利用しました。 医療費控除の計算の際、ローン契約額・その年のローン返済額のどちらが控除対象金額となるのでしょうか?

歯科ローンは、患者が支払うべき治療費を信販会社が立替払をして、その立替分を患者が分割で信販会社に返済していくものです。
したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者のその立替払をした年(歯科ローン契約が成立した時)の医療費控除の対象になります。
(注)歯科ローンに係る金利及び手数料相当分は医療費控除の対象になりません。