昨年から住宅ローン控除の適用を受けていましたが、転勤により家族で転居することになりました。 住宅ローン控除の適用はどうなるでしょうか?

転居してその家を居住の用に供しなくなった日の属する年から、住宅ローン控除の適用は受けることはできません。
その場合、その家屋を居住の用に供しなくなる日までに、「転任の命令等により居住しないこととなる旨の届出書」を税務署へ提出して下さい。
また、その後再びその家に戻ってきた場合において、まだ適用期間が残っているときは、
「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除額の計算明細書(再び居住の用に供した方用)」と借入金の年末残高証明書を添付した確定申告書を提出することにより、
その年から再度住宅ローン控除の適用を受けることが出来ます。
ただし、転勤中その家屋を賃貸していた場合には、その賃貸していた期間の属する年分については適用を受けることが出来ませんので注意が必要です。
詳しくはコチラ