当社では現在使用中の販売管理ソフトについて、新しいOSに対応する為にバージョンアップを80万円かけて行いました。 この場合、「中小企業投資促進税制」を適用することは可能でしょうか?

通常であれば同種の上位機種への物理的な買換えを行うところを既存のプログラムに改良を加えるバージョンアップで済ませたのであれば、実質的に新たな資産の取得とみることが出来る為、適用可能であると考えられます。
ただし、バグの変更等既存のプログラムの修繕などに当てはまるバージョンアップの場合は新たな資産の取得とは考えづらい為制度の適用は不可能と考えられます。