建設業を営んでおり完成基準にて請負工事の売上を計上しております。 得意先から多量の建設工事を請け負い、引渡量に従って引渡の都度、その工事代金を収入する旨の特約を結びました。 その場合でも完成時に売上を計上すればよろしいでしょうか。

以下の①、②のような事実がある場合、その建設工事等の全部が完成しないときでも,完成した部分の引渡しを行った日として引き渡しを行った課税期間で売上を計上しなければなりません。
①.一の契約により同種の建設工事等を多量に請負ったような場合で,その引渡量に従い工事代金を収入する旨の特約又は慣習があるとき
②.1個の建設工事等であっても,その建設工事等の一部が完成し,その完成した部分を引き渡した都度その割合に応じて工事代金を収入する旨の特約や慣習がある場合