個人事業として不動産事業を行っている者です。今年は不動産の一部が台風により損壊し、100万円の保険金が入金されました。この保険金をもって修理工事を行ったところ全部で80万円かかりました。所得税の計算上注意する事はありますか?

所得税法上、損害保険契約にて突発的事故により資産に加えられた損害につき支払いを受ける損害賠償金は非課税扱いとなります。
従って、今回受け取った保険金と工事代の差額20万円については収入としなくても構いません。