外注先が前期に行った工事(当社では前期末時点で買掛金計上している)について不良工事が発覚し、請求の取り消しについて裁判を行った結果、請求金額全額についての取り消しは認められなかったものの 現時点での未払金額については債務を免除するという条件で和解となりました。当期に債務免除益を認識しますが、この場合消費税の取り扱いはどうなるのでしょうか。