消費増税、軽減税率 いよいよ10月スタート

いよいよ10月から消費税が10%になります。そして新しい仕組みである軽減税率も導入されることになります。

軽減税率とは、生活に不可欠な飲食料品や新聞について、家計の負担をすこしでも和らげるため8%のまま据え置くことにする、という制度です。

 

軽減税率について、みなさんはすでにマスターされているでしょうか。適用される品目がよくわからない・・・という方のために、少しでも疑問を解消したいと思います。

 

〇飲食料品の全てが8%になる?

答えはNoです。

酒類や外食は除かれます。

テーブルや椅子など飲食設備があるお店で、その店内で飲食すると外食になり、10%となります。しかし、持ち帰り(テイクアウト)する場合や、出前・宅配など家に配達されるものは8%になります。

 

〇お酒は対象とならない?

答えはYesです。

日本酒やビール、ワインなどの酒類は10%となります。しかし、ノンアルコールビールや甘酒などの酒類に該当しないものは8%のままです。

 

〇新聞も対象になる?

答えはYesです。

活字文化や民主主義を担う重要な社会基盤である、という観点から対象となります。

ただ、週2回以上発行される新聞で、定期購読契約されるものが対象です。したがって駅の売店やコンビニで購入する新聞や、インターネットを通じて配信される電子版の新聞は対象となりません。

 

〇消費増税にともなうポイント還元制度とは?

消費税引き上げ後の9ヵ月間に限り、対象の中小店舗等で一定のキャッシュレス決済をすると、5%または2%のポイント還元が受けられる制度です。詳細は前々回のブログをご参照ください。

 

簡単な説明ではありますが、なんとなくお酒や外食は高くなるようなイメージですね。

消費増税によってお酒を控える、自炊を増やすという方も増えそうです。

 

 

広報部長ちーたんも私たち職員もいつでも全力で対応していきます。困ったことがありましたら法人税・所得税・消費税・相続税・贈与税の税務のこと、その他なんでもお気軽にご相談ください。

 

税理士法人アレックスパートナーズ 埼玉川口事務所

〒333-0802
埼玉県川口市戸塚東2丁目1番26号竹村ビル2B
埼玉県 川口市(東川口、鳩ヶ谷)、さいたま市(浦和、大宮)、越谷市、草加市の税理士 会計事務所 社会保険労務士事務所
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道線 東川口駅 南口から徒歩12分
http://www.toshikaikei.biz/

税理士法人アレックスパートナーズ 東京港区浜松町事務所

〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目18番11号 イマスオフィス浜松町8階
東京都港区浜松町、渋谷区、新宿区の税理士、会計事務所、社会保険労務士事務所
JR山手線/東京モノレール 浜松町駅 北口から徒歩3分 都営大江戸線浅草線 大門駅 A2出口から徒歩1分
http://alexs-partners.co.jp/

The following two tabs change content below.
森本 芙実

森本 芙実

[社会保険管理課]
給与計算、社会保険・労働保険関係などの仕事を担当。走ったり泳いだりと体を動かすことが大好きで駅と事務所間を毎日ダッシュしています。まだ小さな子供の面倒を見ながら家事と仕事を両立しています。