5月決算の建設業を営んでいる法人です。埼玉に本店があり、千葉に支店がありましたが、決算明けの6/21に千葉支店を閉鎖しました。 この場合の法人事業税の分割基準の事業所等の数はいくつになりますか?

埼玉の本店は、事業年度通じて異動がありませんので「12」となり、千葉支店は月末を迎えた月がひと月もありませんので、「0」
となります。よって御社の分割基準の合計事業所等の数は「12」となります。
分割基準においては本店がある都道府県から支店等がある都道府県に課標がまわり、支店等がある都道府県がこれに準ずるとのことですので、
念のため本店がある都道府県に確認することをお勧めします。