親族(祖父)がB型肝炎になったため、同居している家族全員でB型肝炎ワクチンを接種しました。 この費用は医療費控除の対象となりますか。

原則として医療費控除の対象となります。
疾病の予防の為の費用は、医療費控除の対象とはなりません。したがってB型肝炎ワクチンの接種についても、
その予防の為のみに行われる場合は医療費控除の対象となりません。
しかし、ワクチンを接種することにより介護にあたる家族への感染を防ぐことは、医師による患者の治療の一環として不可欠であるといわれています。
このことから、B型肝炎の患者の親族(その患者と同居する者に限ります。)のB型肝炎ワクチンの接種に要した費用については、
医師による診療又は治療を受けるため直接必要な費用として医療費控除の対象となるものと取り扱われています。