親会社の使用人が弊社に出向することになりました。 出向者の給与を従来通り出向元である親会社が支給することとなっており、弊社が負担すべき給与に相当する金額を出向元である親会社に給与負担金として支出します。 この場合、弊社では支出した金額をどのように取り扱うことになるのでしょうか?

出向先の法人が自己の負担すべき給与に相当する金額を出向元の法人に給与負担金として支出した時は、出向先の法人のその出向者に対する給与として取り扱われます。
“この場合、出向元の会社が源泉徴収義務者になります。したがって、出向先の会社が出向元の会社に支払う給与等に相当する金額については源泉徴収をする必要はありません。


また出向先の法人が出向者に対して給与を支給する場合は、出向元の会社では源泉徴収を要せず、出向先の会社において源泉徴収することになります。