自社の蛍光灯を蛍光灯型のLEDランプに取り替えました。かかった費用は修繕費として処理して問題ないでしょうか?

ランプの取替えのみであれば修繕費として差し支えありませんが、工事の内容によっては注意が必要です。
蛍光灯をLEDランプへ取り替えることで電気代の削減やランプの寿命が延びることが期待できますが、蛍光灯は照明設備が効果を発揮するための部品の一つであり、
部品の性能が上昇したことをもって設備の資産価値が高まるとはいえず「修繕費」として処理することが可能です。(国税庁HPより)
しかし、LEDランプへ取り替えるにあたり電気配線の工事や取り付け器具の交換も含まれている場合には資産計上を検討する必要があると考えられます。