税務上、リース資産として資産計上が必要となるリース契約(リース料総額18万円)を契約しました。 この取引について、①一括償却資産の損金算入(法令133-2) ②中小企業者等の少額減価償却資産の取得価額の損金算入の特例(措法67-5) の適用は可能でしょうか。

①の特例については、リース資産は適用対象外です。②の特例についてはリース資産であっても適用可能です。
なお、使用可能期間が1年未満、または取得価額10万円未満の減価償却資産について、その全額を当期の費用にできる
「少額の減価償却資産の取得価額の損金算入(法令133)」はリース資産には適用できません。