社長が国内出張をするにあたり、会社から出張手当を支給したいと考えております。どのような点に気を付けるべきでしょうか?

役員や使用人が国内出張するにあたり会社から支給される日当については、通常必要であると認められる部分の金額は課税仕入となり、海外出張の場合は非課税仕入となります。
また、役員と使用人それぞれの給与所得にもあたりません。
しかし、税法上支給金額の上限について明確な規定が存在しないため、会社で出張旅費規程を作成しておくなど一定のルールをもって運営することが望ましいといえます。