相続時精算課税の適用を受けたいのですが、注意する点等を教えて下さい。

原則として60歳以上の父母又は祖父母から、20歳以上の子又は孫に対し、財産を贈与した場合に選択できる贈与税の制度です。
その贈与者が亡くなった時の相続税の計算上、相続財産の価額にこの制度を適用した贈与財産の価額(贈与時の時価)を加算して相続税額を計算します。
通算して特別控除額2,500万円を超える贈与については20%の税率により課税されますが、贈与者が亡くなった時の相続税の金額からその贈与税相当額が控除されます。
一度この制度を選択すると、その選択に係る贈与者から贈与を受ける財産については、その選択をした年分以降全てこの制度が適用され、「暦年課税」へ変更することはできません。
したがって、贈与税の基礎控除の適用がないため、110万円以下の贈与でも申告する必要があります。
この制度を選択する場合には、贈与を受けた年の翌年の2月1日から3月15日の間に「相続時精算課税選択届出書」を受贈者の戸籍の謄本などの一定の書類とともに贈与税の申告書に添付して提出する必要があります。
なお、「相続時精算課税選択届出書」の提出については、やむを得ない理由により提出が出来なかった場合などについての宥恕規定がないため、注意が必要です。