法人で所持している車にカーナビを購入いたしました。会計ではどのような処理になるのでしょうか。

カーナビは固定型とポータブル型の2種類があり、それぞれで処理方法が違います。
①固定型    車両の価値を増加させるため「資本的支出」となり、取り付けた車両と同様の耐用年数で償却することになります。
ただし、取付費用を含め20万円未満の場合は全額修繕費とすることができます。
②ポータブル型  車両に固定されてなく他の用途に使用可能のため新規の資産として償却することになります。
ただし、購入金額が10万円未満(中小企業者は30万円未満)であれば少額減価償却資産として全額損金にできます。