法人で店舗を借りる際、礼金等を支払いました。繰延資産として5年で償却していましたが償却途中で閉店することとなり契約を解約しました。 この場合、残りの繰延資産はどのように処理すればよいですか。

繰延資産とされた費用の支出となった契約について解約があった場合には、解約があった日の属する事業年度において繰延資産の未償却残高を損金の額に算入します。