法人です。1月より源泉が発生する給与を支払うことがなくなります。年末調整時に発生した還付未済金はどうなるのでしょうか。

年末調整を行った月分の徴収税額だけでは還付しきれないときは、その後に納付する「給与、退職所得及び弁護士、司法書士、税理士等に支払われた報酬・料金に対する源泉徴収税額」から差し引き順次還付しますが、
次の場合には、「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」を作成し、必要書類を添付して給与の支払者の所轄税務署長に提出し、税務署から還付を受けます。
1.解散、廃業などにより給与の支払者でなくなったため、還付することができなくなった場合
2.徴収して納付する税額がなくなったため、過納額の還付ができなくなった場合
3.納付する源泉徴収税額に比べて過納額が多額であるため、還付することとなった日の翌月から2か月を経過しても還付しきれないと見込まれる場合