毎年不動産所得を申告しており、不動産所得の対象となる建物にJA共済の建物更生共済(建更)に加入し掛金を必要経費と保険積立金で処理しております。 建物を売却したため建更が解約となり解約返戻金を受け取りましたが、受取金額と保険積立金額の差額を不動産所得として申告すべきでしょうか?

建物更生共済の解約返戻金は生命保険の満期や解約により一時金として保険金を受け取った場合と同様な処理となるため一時所得となります。
受取金額から既に払い込んだ保険料又は掛金の額を差し引き、更に一時所得の特別控除額50万円を差し引いた金額が一時所得です。課税の対象になるのは、この金額を更に1/2にした金額です。
保険料又は掛金を不動産所得(又は事業所得)の必要経費と処理していた部分については控除できませんので、保険積立金で処理していた金額のみ控除の対象となります。