得意先から手形ではなく電子記録債権にて支払いを行う旨の通知が届きました。 “電子記録債権の内容とメリット・デメリットを教えてください。 “

“電子記録債権とは手形のように紙媒体での債権ではなく電子データで管理されるペーパーレスの債権で、手形と同様に債権者と債務者の名前、支払額、支払期日が記録されております。

メリット
1.ペーパーレスのため紛失や盗難の危険性がなく、保管・管理の必要がなくなります。
2.手形では金額の分割が不可能ですが、電子記録債権の場合は分割での譲渡や割引が可能です。
3.支払期日になると口座に自動入金されるため、金融機関へ手形を持参する必要がございません。
デメリット
1.金融機関に電子記録債権の利用申し込みが必要です。
2.電子データのため、ハッキング被害にあう可能性があります。