従業員で組織されているサッカーサークルに助成金として月1万円を支給することになりました。税務上注意する点はありますか。

福利厚生の費用を現金で支給すると給与所得あるいは交際費と見なされ、所得税の課税対象となります。
会社の負担金は原則給与所得として所得税の課税対象となりますが、対象者を社員全員とするもので、支出された費用の額が社会通念上必要と認められる金額であるなど
一定の要件を満たす場合には非課税扱いとなるものもあります。
消費税法上、交付した助成金の範囲内の金額で、レクリエーシヨンなどの費用に使用されたことが領収書等で明らかにされている金額については、課税仕入れになります。