役員報酬の支給における「定期同額給与」について教えてください。

定期同額給与とは、支給時期が1ヵ月以下の一定期間ごとで支給額が同額の給与等のことであり、役員報酬については従来「額面」が同額でなければ
損金算入が認められておりませんでした。
しかし、平成29年4月1日以降に支給される役員報酬については、額面から源泉所得税や住民税、社会保険料を控除した後の「手取り」が同額の場合に
ついても支給額が同額とみなされ、損金算入が認められることになりました。