弁護士に訴訟の着手金を支払いました。税務上の注意点を教えてください。

所得税法上では弁護士が収受する着手金は弁護活動における委任契約が成立した際に収入計上すると裁判事例より判断されています。よって、弁護士報酬の着手金は、着手金支払時に損金計上します。