年金受給者で確定申告が不要な場合を教えてください。

年金受給者の方で確定申告が不要となるのは①国民年金や厚生年金などの公的年金等の収入金額が400万円以下で、②その他の所得で所得金額が20万円以下の場合に確定申告をする必要はございませんが、医療費控除などの所得控除による所得税の還付を受けるためには確定申告が必要となります。
確定申告は不要となっても給与所得や生命保険の個人年金などがある方は住民税の申告が必要になります。
確定申告をすれば住民税の申告は不要となりますが、確定申告をすることによって納税が増える場合は住民税の申告のみを行うことによる節税が可能です。