地域のお祭りへの協賛金は必要経費となりますか。また消費税の処理はどうなるのでしょうか。

協賛金の内容によって処理が異なります。
①協賛企業として法人名等が掲示される等、広告宣伝効果が認められ、その効果として妥当な金額を支払った場合。
⇒広告宣伝費として経費計上します。消費税については課税取引として処理します。
②取引先企業が主催するイベント等に協賛金を支払う場合。
⇒交際費として経費計上します。消費税については不課税取引として処理します。
③その他
⇒原則として寄付金として扱われます。支払先によって税務上の取り扱いが異なりますのでご確認ください。
消費税については不課税取引として処理します。