取引先から売掛金と買掛金の相殺の際に相殺分の領収書の発行を求められました。この場合金額によっては収入印紙を添付しなければならないのでしょうか

“この場合の領収書は、現実には金銭又は有価証券の受領事実はありませんので印紙税法上の受取書には該当しません。”
しかし、たとえ相殺の事実を証明するために作成される領収書であってもその事実が文書上明らかでないときには、その領収書は文書上は金銭又は有価証券の受領事実を証明しているとみられますので、
印紙税法上の受取書に該当することになります。「相殺分」との但し書きを忘れないようにしてください。