勤続10年を迎える社員に旅行券を支給しようと思います。税務上の取扱いはどうなりますか?

永年にわたって勤務している人の表彰に当たって支給する記念品などは、上記(Q12)「永年勤続者に記念品を贈呈した場合」の通りです。
支給したのが旅行券の場合は、実質的に金銭を支給したことと同様になりますので、原則として給与等として課税されます。
ただし、次の要件を満たしている場合には、課税しなくて差し支えありません。
(1) 旅行の実施は、旅行券の支給後1年以内であること。
(2) 旅行の範囲は、支給した旅行券の額からみて相当なもの(海外旅行を含みます。)であること。
(3) 旅行を実施した場合には、所定の報告書に旅行日、支払額などの必要事項を記載し、旅行先等を確認できる資料を添付して提出すること。
(4) 支給後1年以内に旅行券の全部又は一部を使用しなかった場合には、使用しなかった旅行券は返還すること。
支給対象が役員の場合は、上記の要件を満たさないと役員賞与となりますの注意が必要です。