会社の事務所賃貸契約に伴い礼金(税込540,000円)を支払いました。 礼金について借家権の設定は無く、更新料支払いの契約もないので長期前払費用として5年で償却していくかと思いますが、 消費税部分についてはどの期で課税仕入れを認識すれば良いのでしょうか。5年にわたって償却分に係る消費税の控除を行わなければならないのでしょうか。

礼金は税法上の繰延資産として処理しますが、繰延資産についてはその課税仕入れ等を行った日の属する課税期間において
消費税の控除を行うこととされています。したがって礼金の払い込みを行った期に消費税の控除を行うこととなります。