企業会計と税務会計の違いを調整するために税効果会計を適用しています。中小法人で貸倒引当金について税効果会計を適用する場合はございますか。

税法上損金として認められる貸倒引当金の繰入限度額を超えて貸倒引当金を設定した場合は税効果会計の適用となります。
中小法人では個別評価金銭債権に係る貸倒引当金の繰入限度額の他に、一括評価金銭債権に係る貸倒引当金の繰入限度額があり、下記で計算された金額が繰入限度額となります。
①一括評価金銭債権の帳簿価額に過去3年間の貸倒損失発生額に基づく実績繰入率を乗じた金額(原則)
②一括評価金銭債権の帳簿価額から実質的に債権とみられない金額を差し引き、業種ごとに定められた法定繰入率を乗じた金額(特例)