事務所を借りる際、差入保証金を500,000円支払いました。このうち賃料の2ヶ月分は返還されません。この場合、どのように経理処理すればよろしいですか。

差入保証金は通常資産計上いたしますが、返還されない部分に関しては繰延資産として5年で償却いたします。ただし契約による賃借期間が5年未満の場合で、契約を更新するときに再び保証料金などを支払うことが明らかな場合にはその賃借期間で償却します。
また繰延資産に該当する金額が20万未満の場合には、支払った期に一括で費用にすることもできます。