不動産業を営んでいます。入居者の契約違反で退去となりましたが、期限までに退去してもらえませんでした。 この場合、契約に基づき賃料の3ヶ月相当額を徴収することになっております。賃料を超える金額は損害賠償金と して消費税は不課税取引としていいですか?

課税取引となります。賃貸料の3ヶ月に相当する額の賃貸料は、賃貸借契約に基づき賃貸契約に応じて徴収されるものであり、
契約条件に違反した場合等において、一定の要件に該当する場合における割増料金の性格を有するものと認められ、
その全額が貸付の対価に該当することとなります。