ソフトウェアを購入した場合の取り扱いは?

購入したソフトウェアは無形固定資産で計上し、耐用年数5年の定額法で減価償却します。
ただしソフトウェアについても、Q7と同様で金額によって処理を選択することが可能です。