年末調整の過納額の精算および年末調整過納額の還付請求

皆様お疲れ様です!

2月に入り確定申告についての資料のお願いでご連絡することが多いかと存じます。
年度末に向けてお忙しいところお手数をお掛け致しますが、ご協力の程どうぞよろしくお願い致します。

2月になって年末調整の事について投稿するのは気が引けますが、今回は年末調整の手続き後、いわゆる「還付未済金」が発生した場合の税務上の処理について投稿させていただきます。

給与等の支払者である事業者様は年末調整を通じてその年の従業員様の所得税・復興特別所得税について税計算を行い、それまでの給与計算における源泉徴収額が多すぎた場合は従業員様に還付を行い、少なすぎた場合は追加で徴収します。
源泉徴収している所得税は税務署に納付していますので、年末調整の手続き後、税務署への納付額も調整して納付する形となります。

例えば従業員様に10万円還付が発生するという事は、何もしなければ源泉税を税務署に10万円納めすぎているという事になりますので、過納付額をマイナスした形で納付書を作成し、納付する事になります。この場合、調整してなお納付額が発生すれば通常の納付手続きを行えばよいのですが、年末調整後の納付月の納付額より、過納付額が大きくなってしまい、納付額ゼロというケースが発生する場合があります。この場合、基本的にはその後に納付する源泉税の金額から順次差し引くことで過納額を相殺していく形をとります。
過納額を相殺している期間で納付の発生しない期間についても税務署へ給与等の支払額及び源泉徴収額の報告は必要となります。
※この手続きを行っていないと、税務署からお尋ねが来てしまいますのでご注意ください。

ここで「過納付額」なのにその後の納付額と相殺するしか還付する方法がないのか?という疑問が生じます。

基本的にはその後に発生する納付額と相殺することで結果的に還付をうけるという形になるのですが、次のような場合には税務署から還付を受ける手続きが可能です。

イ 解散、廃業などにより給与の支払者でなくなったため、還付することができなくなった場合

ロ 徴収して納付する税額がなくなったため、過納額の還付ができなくなった場合

ハ 納付する源泉徴収税額に比べて過納額が多額であるため、還付することとなった日の翌月から2か月を経過しても還付しきれないと見込まれる場合

上記イからハまでのいずれかに該当する場合には、「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」を作成し、次の書類を添付して、給与の支払者の所轄税務署長に提出します。

  1. 受給者各人の「源泉徴収簿」の写し
  2. 過納額の請求及び受領に関する委任状(連記式)
  3. 過納額を翌年に繰り越して還付しているときは、翌年分の「源泉徴収簿」の写し

また、退職した人などで、2.の委任状の提出ができない人の分については、税務署から過納となった人に直接還付することになります。この場合には、「源泉所得税及び復興特別所得税の年末調整過納額還付請求書兼残存過納額明細書」は用紙を別にして作成します。

解散・廃業などの場合を除いて、還付未済金が発生する場合でも従業員様への還付は先に行う事業者様がほとんどかと存じますので、上記の手続きは通常給与支払者である会社・事業者(給与支払者)が行うことになりますが、次に掲げる事由が発生し、過納付額の還付が給与支払者から行われない場合は給与受給者側から還付請求を行う事も可能です。

  1. 解散、休業等の事由により給与等の支払者でなくなったこと、又は徴収すべき税額がなくなったことにより、その過納額の全部又は一部を還付することができなくなった場合。
  2. 過納額を還付すべきこととなった日の属する月の翌月1日から起算して2月を経過してもなお還付すべき過納額が残っている場合。
    (注)過納額を還付すべきこととなった日の現況において、翌月1日から起算して2月を経過する日までの間に給与等の支払者において過納額の全額を還付することが困難であると認められるときは、当該2月を経過する日前においてもこの手続を行うことができます。

書類作成や添付書類の準備が結構大変な手続きとはなりますが、今後の納付額との相殺の可能性が低いという事業者様や、なんらかの理由により年末調整還付金の支払いが遅れているという給与受給者の方は参考にしていただければと存じます。

 

広報部長ちーたんも私たち職員もいつでも全力で対応していきます。困ったことがありましたら法人税・所得税・消費税・相続税・贈与税の税務のこと、その他なんでもお気軽にご相談ください。

 

税理士法人アレックスパートナーズ 埼玉川口事務所

〒333-0802
埼玉県川口市戸塚東2丁目1番26号竹村ビル2B
埼玉県 川口市(東川口、鳩ヶ谷)、さいたま市(浦和、大宮)、越谷市、草加市の税理士 会計事務所 社会保険労務士事務所
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道線 東川口駅 南口から徒歩12分
http://www.toshikaikei.biz/

税理士法人アレックスパートナーズ 東京港区浜松町事務所

〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目18番11号 イマスオフィス浜松町8階
東京都港区浜松町、渋谷区、新宿区の税理士、会計事務所、社会保険労務士事務所
JR山手線/東京モノレール 浜松町駅 北口から徒歩3分 都営大江戸線浅草線 大門駅 A2出口から徒歩1分
http://alexs-partners.co.jp/

The following two tabs change content below.
黒木 友之

黒木 友之

[監査課]
会計監査業務のほか、社会保険や給与計算、法人設立などの業務に携わる。少しずつ担当するお客様も増えてきたので、これから忙しくなりそうだが、そこは“事務所唯一の20代”という若さでカバーする。開業や法人設立時から関与しているお客様も多く、会計をはじめ不安も負担も大きいお客様に貢献できるよう、分かりやすい説明とサポートを心がけている。週末はプールに通い、日頃の運動不足解消に努めている。