平成30年の社会保険労務士試験の合格発表

平成30年の社会保険労務士試験の合格者が11月9日に官報で発表されました。
受験者数 38,427人
合格者数 2,413人
合格率 6.3%
最年少合格 20歳
最高齢合格 84歳
でした。

現在社会保険労務士として登録しているのは、9月末現在で41,780人だそうです。
平成22年には受験者数が55,445人から見るとずいぶんと減ったような気がします。最近難関な国家資格を目指す人が激減しているように感じますね。
税理士業界でも同じような傾向があります。
私は20代で合格しておりますが、20代での合格者は全体の9.2%だったそうです。平均合格年齢は40代と言ったところでしょうか。

また開業社労士の平均事務所売上高が
300万円未満 29.1%
700万円未満まで入れて 51.6%と半数の事務所が回答したそうです。
さらに、顧問契約なしと回答したのが全体の13.3%もあったそうです。こう考えますと収入的には厳しい仕事であることから苦労して取った資格の割には・・・と考えて人気が下がっていくのもうなずけます。

結果として開業している社会保険労務士の年収500万円未満は
53.8%
これをみなさまはどのように考えるか・・・
システム投資もできない小規模の事務所が多いことも伺える数値です。
勤務者社会保険労務士の方が収入が多いとの結果も出ています。

社会保険労務士の仕事がお客さまに認知され、私たちもより高度なサービスが提供できるよう努力を続けていかなくてはと思います。
その努力こそが、若い方たちにも興味を持って業界に参加してもらえる、そんな未来を目指して参りたいと思います。

データは月間社労士から引用

The following two tabs change content below.
鈴木 俊幸

鈴木 俊幸

所長 税理士・社会保険労務士税理士法人 アレックスパートナーズ
埼玉県川口市生まれの43歳。2004年に鈴木俊幸税理士・社会保険労務士事務所を開業しました。一期一会の精神で社員やお客さまとの出会いを大切にし、ここまでの事務所にできたことを感謝する毎日です。 取得資格は、税理士(法人税法・相続税法・消費税法試験合格)、社会保険労務士、建設業経理事務士1級、普通自動車免許、小型船舶操縦士2級、日本商工会議所珠算検定2級。 趣味は海外旅行・熱帯魚の飼育。 税務申告だけではない新しい時代の税理士のあり方を提案していきます。 私たちが提供する税務申告、税務調査立会、節税対策のサービスはもちろんのこと、財務分析から会社が成長するために必要な損益予測、納税予測、売上・利益目標の設定、社会保険の加入手続・相談、労務管理相談、会社のための就業規則の作成、銀行との交渉アドバイス並びに提携先とのワンストップで保険加入提案、弁護士の法律相談、許認可申請まで幅広いサービスを提供しております。 「お客さまのために」あらゆる分野のベストパートナーとして提供するサービスをぜひお試し下さい。 私たちと共に成長したいお客さま、初回相談料は無料ですのでお気軽にご相談下さい。 広報部長のミニチュアダックスで営業成績No.1「ちーたん」もよろしく!