平成30年度税制改正(家なき子特例)

税制は毎年何らかの改正が行われ、平成30年度にも様々な改正が行われています。その中の一つに「小規模宅地等の課税価格の計算特例の見直し」という、相続税に関わる改正が行われました。

これは、相続によって取得した土地の財産価値を評価する方法の一つである「小規模宅地等の特例」という制度を利用できる対象者を制限する改正となっています。この特例は被相続人(亡くなった方)が住んでいた土地や事業で使用していた土地については80%又は50%の評価減を認めるというものであり、単純に説明すると1億円を現金で持っていた場合には1億円という金額に対してそのまま相続税が計算されるのに対して、1億円で居住用の土地を購入していれば80%減の2千万円が相続財産として評価され、2千万円という金額に対して相続税の計算がされるという事になる制度です。従って節税効果が絶大なものになるケースが多い為、利用可能な対象者には様々な制限が課せられており、具体的には下記のようになっていました。

≪改正前≫
(1)被相続人の配偶者
(2)被相続人と同居していた親族
(3)被相続人に配偶者が無く、かつ相続開始直前に被相続人と同居していた相続人がいない場合における被相続人の親族(相続開始前3年以内に自己又は自己の配偶者の持ち家に居住していない者に限る)

 

(1)(2)を見て頂くとお分かりになるように元々この制度は、土地を所有していた家主が亡くなった際に同居していた配偶者や親族に対して高額の相続税が課せられ、納税の為に生活基盤である土地を手放す事態にならないよう配慮した制度になっています。(3)は、被相続人(親)が無くなった後に持ち家を所有していない相続人(子)が親の家に戻って住むことになった場合の事例に配慮したものになり、通称「家なき子特例」と呼ばれています。今回の改正はこの「家なき子特例」に制限をかける内容となり、具体的には対象者が下記のようになりました。

≪改正後≫
(1)被相続人の配偶者
(2)被相続人と同居していた親族
(3)前述の「家なき子特例」対象者の内、次に掲げる者以外の者
・相続開始前3年以内に3親等以内の親族、特別の関係がある同族会社、一般社団法人等が所有する国内にある家屋に居住したことがある者
・相続開始時に居住していた家屋を過去に所有していたことがある者

 

以上の改正により、今までは同制度を利用できていた①自宅を所有していた人が子どもに自宅を売却してからそのまま一緒に住み続けている事例、②自宅を親族が設立した法人へ売却した後に社宅として住み続けるといった事例、等では利用できなくなりました。むしろ、そういった事例が横行し、こうした従来の趣旨に沿わない節税(むしろ租税回避ではないか・・・)を防止する為に改正が行われたといえるでしょう。

このように本来の趣旨とかけ離れた実態にそぐわない節税スキームが考えられると、その度に防止するための税制改正が行われることはよくあります。一口に節税といっても、法の抜け穴を突くようないわゆる「租税回避」と「節税」の違いをよく考えることが大切ではないでしょうか?

尚、この改正は平成30年4月1日以後の相続又は遺贈により取得する財産に係る相続税について適用されます。

広報部長ちーたんも私たち職員もいつでも全力で対応していきます。困ったことがありましたら消費税に限らず法人税・所得税・相続税・贈与税のことなどその他なんでもお気軽にご相談ください。

 

税理士法人アレックスパートナーズ 埼玉川口事務所

〒333-0802
埼玉県川口市戸塚東2丁目1番26号竹村ビル2B
埼玉県 川口市(東川口、鳩ヶ谷)、さいたま市(浦和、大宮)、越谷市、草加市の税理士 会計事務所 社会保険労務士事務所
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道線 東川口駅 南口から徒歩12分
http://www.toshikaikei.biz/

税理士法人アレックスパートナーズ 東京港区浜松町事務所

〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目18番11号 イマスオフィス浜松町8階
東京都港区浜松町、渋谷区、新宿区の税理士、会計事務所、社会保険労務士事務所
JR山手線/東京モノレール 浜松町駅 北口から徒歩3分 都営大江戸線浅草線 大門駅 A2出口から徒歩1分
http://alexs-partners.co.jp/

The following two tabs change content below.
桃川 敬行

桃川 敬行

[監査課]
監査担当としてお客様との接点を持ち外出することが多い。車の運転がペーパーのため安全運転を心掛けている。「マイクを持ったら離しません」と豪語するほどのカラオケ好き。そのほか見た目ではわからないが体力と根性に自信があり、朝まで飲み、さらに朝まで歌うことはウエルカム。趣味はスポーツ観戦(カラオケは特技)。特にバスケットボールに関しては月に数回行くほどのペースで観戦する。