マッサージ・はり・きゅうで健康保険が使えるときは?

肩こり・腰痛などで整骨院や接骨院を利用している方はたくさんいるかと思います。「健康保険が使えます」と書いてあっても、マッサージ・はり・きゅうのすべての施術に健康保険が使えるわけではありません。健康保険を使いたい場合は以下のことを確認しましょう。

 

〇健康保険が使えるのはこんなときです。

≪マッサージ≫

筋麻痺や筋委縮の緩和、関節拘縮の機能回復などを目的に医療上の必要性を医師が認めた場合

※医療機関で治療を受けている間は、同じ疾患ではり・きゅう師の施術を受けても健康保険が使えません。

≪はり・きゅう≫

慢性的な疼痛のある疾患で医療機関を受診し、医師による適当な治療手段がないとしてはり・きゅう師の施術を受けることを医師が認めた場合

※単に疲労回復や慰安を目的としたものや疾病予防のためのマッサージでは、健康保険が使えません。具体的に対象となる傷病は、神経痛・リウマチ・五十肩・頸腕症候群・腰痛症・頚椎捻挫後遺症に限られています。

 

〇医師の同意が必要

マッサージ・はり・きゅうの施術は医師が同意した場合に限り健康保険が使えます。初めて治療を受ける場合は医師の同意書や診断書が必要となります。また、継続して施術を受ける場合は3か月に一度、医師の再同意が必要となります。

同意・再同意の有効期限は以下のとおりです。

  1. 初療の日または医師による再同意日が月の1~15日まで

→当該月翌々月の末日まで有効

  1. 初療の日または医師による再同意日が月の16日~末日まで

→当該月の3か月後の末日まで有効

 

〇施術を受けるときのポイント4つ

  1. 症状を正しく具体的に伝えましょう。

いつ頃から、どの部分が、どのように痛むのか、具体的に症状を伝えましょう。

  1. 領収証は必ず受け取りましょう。

施術を受けた時には、施術内容を確認し、受けた日ごとに領収証をもらって大切に保管しましょう。

  1. 治療内容をメモしましょう。

治療日、治療を受けた部分、支払った額などをメモしておきましょう。

  1. 症状の改善がみられたかどうか

症状の改善が見られない場合は、内科的な要因も考えられます。再度医師の診察を受けましょう。

 

健康保険を使って施術を受けた場合に協会けんぽや健保組合から電話または文書で、施術年月日、施術内容などを確認されることがあります。適性な健康保険運営を目的としたものですので、ご自身で記入して提出しましょう。

 

広報部長ちーたんも私たち職員もいつでも全力で対応していきます。困ったことがありましたら消費税に限らず法人税・所得税・相続税・贈与税のことなどその他なんでもお気軽にご相談ください。

 

税理士法人アレックスパートナーズ 埼玉川口事務所

〒333-0802
埼玉県川口市戸塚東2丁目1番26号竹村ビル2B
埼玉県 川口市(東川口、鳩ヶ谷)、さいたま市(浦和、大宮)、越谷市、草加市の税理士 会計事務所 社会保険労務士事務所
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道線 東川口駅 南口から徒歩12分
http://www.toshikaikei.biz/

税理士法人アレックスパートナーズ 東京港区浜松町事務所

〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目18番11号 イマスオフィス浜松町8階
東京都港区浜松町、渋谷区、新宿区の税理士、会計事務所、社会保険労務士事務所
JR山手線/東京モノレール 浜松町駅 北口から徒歩3分 都営大江戸線浅草線 大門駅 A2出口から徒歩1分
http://alexs-partners.co.jp/

The following two tabs change content below.
森本 芙実

森本 芙実

[社会保険管理課]
給与計算、社会保険・労働保険関係などの仕事を担当。走ったり泳いだりと体を動かすことが大好きで駅と事務所間を毎日ダッシュしています。まだ小さな子供の面倒を見ながら家事と仕事を両立しています。