「休眠預金」の今後

「休眠預金」とは、10年出し入れがなく、本人や家族とも連絡がつかず、金融機関で「眠ったまま」の預金のことをいいます。

年間500億から600億円発生しているそうです。

以前、休眠預金は10年経った後は銀行の特別利益として計上され、銀行の財産になっていました。

少なくないお金が銀行のいい収入となっていたわけで、もともとは国民のお金。

国会で国の為に使ってもよいのではないかという意見があがり、財政再建のため

国庫に入れることなどが検討されているようです。

しかし、100兆円近くある国庫に入れて、どのような使い道になるかわからないより、

目的を絞ってNPO法人に分配する案があるようですが、信用度の高い団体ばかりでは

ありません。

600億円は、決して少なくない額です。今後は、有識者から広く意見を聞いていただき、

国民が納得出来るよう、このお金がきちんと使われるルールを作り、国民に丁寧に知らされることを期待いたします。

 

税理士法人アレックスパートナーズ 埼玉川口事務所

〒333-0802
埼玉県川口市戸塚東2丁目1番26号竹村ビル2B
埼玉県 川口市(東川口)・さいたま市・越谷市・草加市の税理士・会計事務所・社会保険労務士事務所
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道線 東川口駅 南口から徒歩12分
http://www.toshikaikei.biz/

税理士法人アレックスパートナーズ 東京港区浜松町事務所

〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目18番11号 イマスオフィス浜松町8階
東京都港区浜松町・渋谷区・新宿区の税理士・会計事務所・社会保険労務士事務所
JR山手線/東京モノレール・浜松町駅 北口から徒歩3分・都営大江戸線浅草線 大門駅 A2出口から徒歩1分
http://alexs-partners.co.jp/

The following two tabs change content below.