高齢者の運転免許更新

警察庁によると、昨年1年間に全国で75歳以上のドライバーが起こした死亡事故は471件ありました。
このうち、判断力や記憶力の低下といった認知機能の衰えが疑われたドライバーによる事故は4割近くにのぼります。
高速道路で間違った車線に入り逆走して正面衝突してしまう事故も相次いでいます。

これまでも75歳以上のドライバーは、免許更新時に認知機能検査を受けています。
ただし、「認知症の恐れ」と診断されても過去1年間に信号無視や逆走といった認知症が疑われる違反がなければ、医師の診断を受ける必要はありませんでした。

最近、認知症ドライバーによる事故を防ぐため、道路交通法が改正されました。
この制度は2017年6月までにスタートします。
それは75歳以上のドライバーは免許更新時の検査で「認知症の恐れ」と診断された場合、医師の診断を受けなければなりません。

自分で認知症の恐れということを受け入れるのは難しいと思います。
しかし、事故を起こしてからでは遅いのです。

私も、運転中に赤信号をまったくブレーキを踏むことなく通過していく車を、何度か見かけました。
中には、紅葉マークの付いた車や、高齢者の運転する車だったこともありました。

高齢化社会では、年金、医療費などいろいろな問題がありますが、毎日の生活の中で細かい問題もでてきます。
運転免許もその一つだと思います。
交通手段の少ない地方では、マイカーは買い物や通院など生活の足となっており、免許を失うことが不安に思うお年寄りも少なくありません。
その不安を解消するために、免許を返したお年寄りを対象に、バスやタクシーの運賃割引を行っている自治体、企業も出てきました。
今後、このような問題を解決すべく、自治体、民間を問わずアイデアを出していく必要があるのではないでしょうか。

 

税理士法人アレックスパートナーズ 埼玉川口事務所
〒333-0802
埼玉県川口市戸塚東2丁目1番26号竹村ビル2B
埼玉県 川口市(東川口)・さいたま市・越谷市・草加市の税理士・会計事務所・社会保険労務士事務所
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道線 東川口駅 南口から徒歩12分
http://www.toshikaikei.biz/

税理士法人アレックスパートナーズ 東京港区浜松町事務所
〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目18番11号 イマスオフィス浜松町8階
東京都港区浜松町・渋谷区・新宿区の税理士・会計事務所・社会保険労務士事務所
JR山手線/東京モノレール・浜松町駅 北口から徒歩3分・都営大江戸線浅草線 大門駅 A2出口から徒歩1分
http://alexs-partners.co.jp/

The following two tabs change content below.
江戸川 瑞穂

江戸川 瑞穂

[監査課]
会計監査業務を担当。他の会計事務所での経歴のほか、経理としての経験を持っている。物事をポジティブに考え、どうしようではなくどうしたら良いかと気持ちの切り替えがとにかく早いことが長所。仕事以外ではサッカー観戦が好きで、TVではなく実際にスタジアムへ足を運ぶほど。自分でも身体を動かすのが好きで、娘が卓球部に入れば卓球を始め、息子がサッカー部に入ればヘディングの練習相手なる。