健康保険料率変更 今年は5月分から

師走の総選挙の影響がこんなところにもありました。

協会けんぽで例年4月(3月分)から変更になる健康保険料率及び介護保険料率ですが、今年は衆議院解散に伴い一ヶ月遅れの5月(4月分)からになる見通しです。新たな料率は今月下旬頃に決定するようです。

 

そもそも、なぜ衆議院が解散したことで保険料率変更の時期が変わってしまうのか・・という話ですが、協会けんぽの保険料率は毎年その年度の政府の予算案を踏まえて算定します。また都道府県毎にも料率が若干かわってきます。

なので、 「年末に衆議院が解散」 → 「次年度の政府予算案の閣議決定が遅れる」 → 「保険料率決定も遅れる」 となるわけです。

 

ちなみに厚生年金の料率は厚生年金保険法の定めにより、平成29年まで毎年9月に0.354%ずつ(第三種は0.248%)保険料率が引き上げられることが決定しています。

 

被保険者の立場からすれば、変更時期が遅れたとはいえ保険料が引き下げになることはおそらくないので、引き上げなら遅いに越したことはないのかな・・と前向きにとらえたいと思います。

The following two tabs change content below.
森本 芙実

森本 芙実

[社会保険管理課]
給与計算、社会保険・労働保険関係などの仕事を担当。走ったり泳いだりと体を動かすことが大好きで駅と事務所間を毎日ダッシュしています。まだ小さな子供の面倒を見ながら家事と仕事を両立しています。