空き家問題

今、日本の住宅のうち空き家が占める率は13.5%  ちょっと驚きです。

人口が減少していくなか、13年後には「住宅の4件に1件が空き家になる」という試算もあるそうです。

当事務所所在地の東川口は、住みよさそうですから空き家は見かけませんが

我が家は、大宮以北のせいかJRの駅からそう離れていないのに、既に何件か空き家があります。

空き家になった家は新たに買い手や借り手を探すべき、と考えますが、そこでネックになるのが

住宅の質です。

手入れが十分に行われていない中古住宅は価値が低く、売却や賃貸にすることが難しくなります。

ならば取り壊せばと考えますが、そこでさらにネックになるのが、「税制」の問題です。

日本の税制は、土地に対する固定資産税は、たとえ老朽化した家屋であっても住宅が建っていたほうが

更地の場合の6分の1で済みます。

また、撤去したくてもその費用は通常最低でも100万円ほどかかるそうです。

たとえ撤去して、売りに出しても立地がよくなければ、売れる確証もありません。

このような要因が複合的に重なり、放置される空き家が日本中に増えてきたようです。

 

管理されない空き家が増えると、雑草が生い茂り景観が悪くなるだけでなく、

ゴミの不法投棄や犯罪の温床になる可能性があり、地域全体の価値が下がります。

では、対処法として

撤去に対しては、法的にも整備が進められ、活用については「空き家バンク」が効果を発揮しているといいます。

放置されている空き家は、行政代執行を法律レベルで明確に定めており、

自治体レベルでは自主的な撤去がしやすくなるよう、撤去費用の補助、市への土地・建物の寄付などを条件に

公費で撤去を進める動きもあるようです。

空き家を活かして使う動きとして代表的なのが、「空き家バンク」

移住したい人と空き家を貸したり売ったりしたい人を、ホームページを介してマッチングさせるのが、「空き家バンク」

全国の自治体のうち過半数が取り入れています。

ほかには、借主が自ら空き家を修繕することで所有者の負担をなくす「DIY型賃貸」の取り組みも注目されているようです。

これからの住宅市場は、これまでのように「使い捨てして買い換える」のではなく、

「良い住宅に長く住む」方向に変わっていくと良いですね。

The following two tabs change content below.