社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

今年も残すところ2日となりました。
「来年のことを言うと鬼が笑う」といいますので再来年(2016年1月)から利用開始する社会保障・税番号制度(以下 マイナンバー制度)について簡単にお話し致します。

まずマイナンバーとはどのようなものかといいますと
住民票を有する全ての方に1人1つの番号を付し、社会保障や税等の分野で情報を効率的に管理し、複数機関が持つ個人の情報が同一人の情報であることを確認するためにを活用されるものです。

マイナンバーによって大きく3つの効果が期待されます。
1.  政の効率化
2. 国民の利便性向上
3. 公平かつ公正な社会を実現

難しく書いてありますが管理や利用が簡便化されてとても便利になると言っています。

こちらのマイナンバーは来年(2015年)の10月から個人個人に通知されることになっています。

企業の対応としては社会保障や税務の面でマイナンバーを利用しなくてはいけなくなりますので今まで以上に個人情報管理に気を付けなければなりません。

具体的には社員(扶養家族も含めて)からのマイナンバーの収集方法やそれを利用する部署での取り扱い方、もちろん保管方法に関してもです。
便利になる分情報が漏れた時のデメリットは非常に大きいものになります。

くれぐれも気を付けて管理を行ってまいりましょう。

 

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

The following two tabs change content below.
寺田 武弘

寺田 武弘

[監査課] [税理士試験(簿記論)合格] [2級ファイナンシャルプランニング技能士]
会計監査業務のほか、サーバーの設定やパソコンに詳しいため電子申告も行う。気になる事柄はそのままにせず、すぐに情報収集しなければ気が済まない性格。明るいキャラクターと浅草出身ならでは(?)なのか、子どもの運動会では他の保護者を巻き込んで朝3時から校門に並んでいるというほどの祭り好き。休日には平日にため込んだ海外ドラマを見て体を休めている。