マイカー通勤手当 非課税限度額引き上げ

街を歩くと年賀はがきやおせちの早期受付などの‘‘のぼり”を見かけるようになりました。

そうです!年末です!(ちなみにおせちの‘‘のぼり”が裏返って「おサさ」に見えるのは私だけでしょうか)

 

ということで、今年の年末調整に関わることを載せます。

所得税法施行令の一部改正により通勤手当の非課税限度額が引き上げとなりました。

「いつから」というと過去に遡りまして平成26年4月1日以後から適用されます。

通勤距離が片道2キロメートル未満は全額課税なのは変わりませんが2キロメートル以上10キロメートル未満の場合、4,100円だったのが4,200円となりました。具体的な金額はこちらをご覧ください。

 

遡るため4月以降の給与で通勤手当の非課税限度額を超える金額について課税していた場合は、源泉所得税の過納となりますので今年の年末調整で精算することになります。

退職された方については・・・・・再計算した源泉徴収票を前職に発行してもらい、再就職された会社もしくは確定申告にて清算することになります。

 

 

The following two tabs change content below.
山田 修之

山田 修之

[監査課]
お客様の訪問や来所により毎月の監査を担当するほか、会社設立の支援、土地・株式評価 を行う。パソコンや関数を用いたExcelの操作が得意で、とりわけ会計ソフトはマウスを使わずにキーボードだけであらゆる操作を行う技をマスターしている。最近はお客様の影響でウイスキーが好きになり、「山崎18年・25年を飲んでみたい」とのこと。