ストレスチェック義務化法案

今年6月、労働安全衛生法の一部を改正する法案(通称:ストレスチェック義務化法案)が

国会で可決されました。従業員数が50名以上の会社は医師、保健師などによるストレスチェックの

実施が規定され、27年12月までに施行されるようです。

そもそも従業員50名以上の会社は産業医の選任義務がありますが、今後その役割も更に

重要になってくる かと思います。

 

会社側の準備としては、ストレスチェックを行う運用体制、面談する医師、保健師の確保などが

挙げられます。また、厚生労働省の資料によると「事業者は、検査結果を通知された労働者の希望に

応じて医師による面接指導を実施し、その結果、医師の意見を聴いた上で、必要な場合には、

作業の転換、労働時間の短縮、その他の適切な就業上の措置を講じなければならないこととする」

とありますので、人事担当者は深刻なストレスを抱えた従業員への対応(勤務形態、

人事面の見直しなど)について早めの準備が必要になりそうです。

 

従業員50名未満の会社は当分の間努力義務とされていますが、従業員の行動、言動からいち早く

不調を察知し、従業員にとって働きやすい職場作りについて考えるきっかけとなればと思います。

The following two tabs change content below.
森本芙実

森本芙実

[社会保険管理課]
給与計算、社会保険・労働保険関係などの仕事を担当。走ったり泳いだりと体を動かすことが大好きで駅と事務所間を毎日ダッシュしています。まだ小さな子供の面倒を見ながら家事と仕事を両立しています。