強制調査

脱税摘発写真特集という写真をHP上で見て、映画のような現実を目にしたところで、平成25年の強制調査の状況を調べてみました。そもそも強制調査とは一般の税務調査が任意調査であるのに対し、強制調査は査察といわれ「適正公平な課税の実現と申告納税制度の維持に資することを目的として、各国税局に配置されている国税査察官は、厳正な査察調査に基づき、悪質な脱税者に対する刑事責任の追及を行っています。」(国税庁HPより)・・・とあるように悪質なケースの話となります。平成25年の強制調査件数は185件で前年より6件減。内告発件数は118件で63.8%、前年は67.5%でした。脱税額は加算税額も含めて総額で145億円、そのうち告発分は117億円とのこと。告発した事案1件当たりの脱税額は9,900万円、告発した事案のうち、脱税額が3億円以上のものは4件、うち5億円以上のものは2件とのことでした。業種別TOP3はクラブ・バー、不動産業、建設業。悪質さは画像をみるだけで十二分に感じていただけると思います・・・・。

 

The following two tabs change content below.
坂口 薫

坂口 薫

[管理部部長兼監査部] [2級ファイナンシャルプランニング技能士]
監査担当として業務に携わるほか、社内では経理・総務・人事を統括している。スタッフ 採用の際は、彼女の面接をパスしないと所長面接に進めない。お客様との信用取引で成り立つ仕事だけに、人柄を重視している。以前仕事で携わっていた関係で、西洋美術史への造詣の深さはお客様の間でも知られているところ。好きな画家はイタリアの天才画家、カラヴァッジョ。
坂口 薫

最新記事 by 坂口 薫 (全て見る)