源泉徴収が必要な報酬・料金等の範囲

給与を支払う際、源泉税を預かり納める義務があります。
このように、給与以外にも支払う際に源泉税を預かり納める義務を負うものがあります。

例えば税理士報酬を支払う際に、報酬金額から源泉税を差引いた金額を支払っていませんか。
(税理士法人の場合は対象外です)
この他にもいくつか対象になるものがございます。

・作家等に払う原稿料
報酬金額×10.21%(100万円を超える部分については20.42%)
・大学教授等に支払う講演料
報酬金額×10.21%(100万円を超える部分については20.42%)
・社会保険診療報酬支払基金が支払う診療報酬
(診療報酬額-その月分に支払われる金額につき20万円)×10.21%
・プロスポーツ選手に支払う報酬・料金
報酬金額×10.21%(100万円を超える部分については20.42%)
・外交員、集金人又は電力量計の検針人に支払う報酬
(診療報酬額-控除金額)×10.21%
*控除金額=原則として同一の者に対してその月に支払われる金額につき12万円
・芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬・料金
報酬金額×10.21%(100万円を超える部分については20.42%)
・ホステスやコンパニオンに支払う料金
(診療報酬額-控除金額)×10.21%
*控除金額=原則として同一の者に対して、1回に支払われる金額について、
5000円×支払い金額の計算期間の日数
・プロ野球選手等に支払われる契約金
100万円以下・・・契約金×10.21%
100万円超・・・(契約金-100万円)×20.42%+102,100円

このように意外に源泉税徴収義務のあるものが多いので、注意いたしましょう。

また納付の時期ですが、給与等の源泉税、税理士等の報酬源泉税に関して納期の特例の届出書を提出していたとしても、上記の支払時に預かった源泉税は、支払った翌月の10日までに納めなければなりません。
納付書も書式が違うので、あらかじめ用意し期限までに納めるようにしてください。

The following two tabs change content below.
江戸川瑞穂

江戸川瑞穂

[監査課]
会計監査業務を担当。他の会計事務所での経歴のほか、経理としての経験を持っている。物事をポジティブに考え、どうしようではなくどうしたら良いかと気持ちの切り替えがとにかく早いことが長所。仕事以外ではサッカー観戦が好きで、TVではなく実際にスタジアムへ足を運ぶほど。自分でも身体を動かすのが好きで、娘が卓球部に入れば卓球を始め、息子がサッカー部に入ればヘディングの練習相手なる。