酒税①

毎日暑いですね。暑いといえばキンキンに冷えたビールが思い浮かびます。最近スーパーや酒屋に置いてあるビールを見ると、ビールと発泡酒、第3のビールとさまざまの種類のビールとその仲間たちが並び、どれを買ったらいいのか迷います。おいしくいただけたら個人的にどれを購入してもいいのですが、諸外国に比べ日本のお酒は金額が高いと感じます。その元凶は酒税。この酒税のせいで、税率が異なる発泡酒や第3のビールが生まれました。でも声を大にして言いたい!消費税率も8%ととなり、なぜ2重に税を課せられるか意味がわかりません。国税庁のHPでは「消費税の課税標準である課税資産の譲渡等の対価の額には、酒税、たばこ税、揮発油税、石油石炭税、石油ガス税などが含まれます。これは、酒税やたばこ税などの個別消費税は、メーカーなどが納税義務者となって負担する税金であり、その販売価額の一部を構成しているので、課税標準に含まれるとされているものです。」・・・とありますがやっぱり2重課税。暑い夏に身を削って仕事をしている働き者の日本人に何故、おいしくビールを飲ましてくれないのか、毎年感じる怒りと願いです。

ちなみビールとその仲間たち350ml缶に課税される酒税は以下の通り。

ビール77円

発泡酒47円

第3のビール28円

The following two tabs change content below.
坂口 薫

坂口 薫

[管理部部長兼監査部] [2級ファイナンシャルプランニング技能士]
監査担当として業務に携わるほか、社内では経理・総務・人事を統括している。スタッフ 採用の際は、彼女の面接をパスしないと所長面接に進めない。お客様との信用取引で成り立つ仕事だけに、人柄を重視している。以前仕事で携わっていた関係で、西洋美術史への造詣の深さはお客様の間でも知られているところ。好きな画家はイタリアの天才画家、カラヴァッジョ。
坂口 薫

最新記事 by 坂口 薫 (全て見る)