必要経費の判断基準

3月も1週間が経ち、確定申告の締切日も近づいてまいりました。(17日(月)が締切日です!)確定申告が必要な方はもうお済みでしょうか?まだの方はどうかお急ぎください。

さて、さる今年の1月17日に最高裁判所にて所得税を計算する際に計上する必要経費についてある判決がなされました。それは、一言で言ってしまえば必要経費となる要件に「事業との直接関係性」は不要である…という判決です。

今回の裁判の発端はある弁護士が税務署側に必要経費として認められなかった費用について争ったことが原因です。結論としては、当初税務署側が「業務遂行上直接関係を持たない」として認めなかった①弁護士会役員になるための立候補費用、②役員としての懇親会費用の2点が、必要経費として認められました。(税務署は弁護士の役員会にかかる費用などは、弁護士の個人事業としての活動と切り離して考えるべきであるとの見解のようでしたが、覆される結果となりました。)

裁判所の言い分としては、必要経費であるか否かの判定は「業務遂行上必要であるかどうか」という点で判断をすべきである…とのことです。

業務遂行上直接関係が無いとして当初は否認された費用が今回の判決で認められたわけですが、これは何も弁護士の方だけに限った話ではありません。個人事業主の方が、これまで事業と関係が無いと思っていた支出についても必要経費として認められる余地が広がったと言えます。

ただ、当然何でもかんでも必要経費になるわけではありません。今回の判決では弁護士会の懇親会の後の二次会は否認されました。 また、今回認められた分についても立候補費用については必要不可欠である分だけ、懇親会の費用も高すぎない程度であれば…という注釈がつきました。

結局判断が難しいことに変わりはありませんが、少なくとも今回の判決は納税者にとって有利な判決であるということだけは言えるのではないでしょうか。

桃川

 

広報部長ちーたんも私たち職員もいつでも全力で対応していきます。困ったことがありましたら消費税に限らず法人税・所得税・相続税・贈与税のことなどその他なんでもお気軽にご相談ください。

 

税理士法人アレックスパートナーズ 埼玉川口事務所

〒333-0802
埼玉県川口市戸塚東2丁目1番26号竹村ビル2B
埼玉県 川口市(東川口、鳩ヶ谷)、さいたま市(浦和、大宮)、越谷市、草加市の税理士 会計事務所 社会保険労務士事務所
JR武蔵野線・埼玉高速鉄道線 東川口駅 南口から徒歩12分
http://www.toshikaikei.biz/

税理士法人アレックスパートナーズ 東京港区浜松町事務所

〒105-0013
東京都港区浜松町1丁目18番11号 イマスオフィス浜松町8階
東京都港区浜松町、渋谷区、新宿区の税理士、会計事務所、社会保険労務士事務所
JR山手線/東京モノレール 浜松町駅 北口から徒歩3分 都営大江戸線浅草線 大門駅 A2出口から徒歩1分
http://alexs-partners.co.jp/

The following two tabs change content below.
桃川 敬行

桃川 敬行

[監査課]
監査担当としてお客様との接点を持ち外出することが多い。車の運転がペーパーのため安全運転を心掛けている。「マイクを持ったら離しません」と豪語するほどのカラオケ好き。そのほか見た目ではわからないが体力と根性に自信があり、朝まで飲み、さらに朝まで歌うことはウエルカム。趣味はスポーツ観戦(カラオケは特技)。特にバスケットボールに関しては月に数回行くほどのペースで観戦する。